妊娠線ができやすい5つの場所について原因や対策を伝授します!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線ができやすい5つの場所についてお伝えします。

妊娠線ができやすい場所があるって本当?

妊娠後期になると発生する妊娠線。
そんな妊娠線の中にもできやすい場所があるって本当?
妊娠線予防をしたいプレママたちに、ここは特に念入りにケアしてほしいという場所をお伝えします。

妊娠線ができやすい5つの場所をチェック!

1.お腹

妊娠線ができやすい場所の筆頭といえばお腹です。
特に下腹部にできやすく、妊娠線といえばお腹にできるものと思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。
そもそも妊娠線は妊娠によりお腹が急速に膨らむことで、皮膚が伸びてしまい、その皮膚の伸びに耐えきれなくなった真皮層と呼ばれる皮膚の奥側が断裂することによって生じます。
そのため、最も体形に大きな変化が出るお腹に出現しやすいのです。

一般的には妊娠中期(妊娠5カ月目)以降にできる人が多いですが、中には食べつわりなどで急激に太ってしまうと妊娠初期から発生することも。
妊娠中はお腹が大きく膨れあがってしまうため、お腹の下側の妊娠線は確認しづらいですが、鏡などを使ってチェックして入念に保湿クリームなどでケアするようにしましょう。

2.太もも

骨盤が開いてくると脂肪が付きやすくなるのが太もも。
太ももの内側やお尻付近も案外、妊娠線が発生しやすいゾーンです。
特に下半身が太りやすい方は入念にお手入れしましょう。
太ももも下腹部同様、自分でチェックしにくい場所なので、鏡を使ってケアすることを忘れずに。
また太ももの血行促進のためにも、スキニージーンズなどタイトな洋服は着ず、腰回りがゆったりとしたスカートなどを穿くようにしましょう。

3.胸元(乳房)

お腹同様、妊娠時に大きくなりやすいのが胸。
通常、妊娠するとサイズが2カップ上がるといわれています。
喜ぶ人もいるかもしれませんが、短期間で急激なバストアップは妊娠線の原因。 早い段階からケアするようにしましょう。

特に油断大敵なのが、胸の横側と下側の部分。
正面から見て特に問題がなくても、この部分に赤やピンクのミミズ腫れができている可能性があるので、入念にチェックすることを忘れずに。

4.腰回り、お尻

妊娠するとお腹や胸元だけでなく、腰回りやお尻も今まで経験したことがないくらいに大きくなります。 急にお尻が垂れてしまいビックリしてしまう人もいるかもしれませんね。
そのためこの部分も保湿クリームを忘れずに! 入念にケアするようにしましょう。

5.二の腕

妊娠すると、二の腕も太ってきます。
特に二の腕は普段動かすことが少ないので、脂肪が付きやすいパーツです。
二の腕には保湿クリーム同様マッサージが効果的なので、入浴時などに身体をもみほぐし、血行を良くしてあげましょう。
妊娠後期から臨月にかけて特に太くなりやすいので、軽い筋トレなどで予防しておくのも良いかもしれません。

妊娠線ができやすい場所を知っておき、事前にしっかりケアしておきましょう!

以上、妊娠線ができやすい5つの場所でした。
ほぼ全身と思われてしまいそうですが、妊娠線ができやすい場所を知っておけば、どこを集中的にケアすれば良いかも分かって便利なはず。
妊娠という嬉しい事態にもかかわらず、赤いミミズ腫れや白い線が出てきたことに驚いてしまうお母さんも少なくありません。
事前にしっかり勉強し、予防しておくことで、精神的なショックを緩和するようにしましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧