産後の妊娠線を消すには、色々な方法を試してみよう!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 産後の妊娠線を消すにはどうすれば良い?効果的な方法をご紹介!

妊娠線は消える? 消すにはどうすればいい?

待望の赤ちゃんを授かって嬉しい半面、妊婦の皆さんが気にするのが妊娠線。
このまま一生跡が残ってしまったらどうしよう、と思うと不安で仕方がないですよね。
そもそも妊娠線とは消えるものなのか。消すにはどうすれば良いか?
ここでは、妊婦の皆さんを悩ます妊娠線についてお伝えします。

妊娠線とは? 消すことができるの?

妊娠線を消す方法

では、妊娠線を消すにはどのような方法があるのでしょうか?
順番に見ていきましょう。

1.市販の妊娠線オイルやクリームを塗る

妊娠線が出てきたときにまず市販の専用オイルやクリームを塗ってみる方が多いのではないでしょうか。
市販のオイルやクリームの良いところは手軽に購入できるところですが、即効性はありません。
また効果も人によって様々なので、気休め程度に行うのが良いでしょう。

2.医療機関の塗り薬を塗る

市販の専用オイルやクリームを塗ってダメだったら、処方された塗り薬を塗るのも一つの手です。
市販のクリームよりは有効性が高いため効果が期待できます。
代表的な妊娠線の処方薬は「シルダーム」。「ダルトシド」と「レジストリル」と呼ばれる有効成分が含まれており、妊娠線を目立たなくします。

3.レーザー治療を受ける

医薬品でダメな場合は、手術を受けることになります。
代表的な妊娠線改善の治療法の一つがレーザー治療。
レーザーで伸びてしまった皮膚を収縮させることで、妊娠線を目立たなくできます。
しかし肌が弱い人はレーザーの熱によって火傷といった副作用が出るケースもあるので要注意です。

4.血流改善ガス治療を受ける

妊娠線改善の手術として現在、注目を浴びているのが血流改善ガス治療です。
血流改善ガス治療とは、血流改善ガスを肌に注入し、亀裂が入ってしまった真皮の血流を改善させ、皮膚の代謝をアップさせることで妊娠線を目立たなくする治療法です。
治療時間はたったの10分で痛みもほとんどないため今多くの患者さんが選んでいます。
また薬剤を使わないため副作用の報告もなく、極めて安全性の高い治療法です。
元々はフランスで妊娠線改善の治療法として広まっていましたが、10年以上前に日本にも上陸。
現在は日本人の肌質に合うようアレンジして施術を行うクリニックが多いです。

妊娠線は消すことができます! だから最後まで諦めないで

妊娠線を消す方法はわかりましたか?
中には、妊娠線予防をまったくしていなかったから、いつまでたっても赤いミミズ腫れのような妊娠線が消えないと嘆いている人もいると思います。
だからといって、もう水着も着られないし、温泉にも入れないと諦めるのはまだ早いです。
現代では妊娠線に効果的な治療法は色々あります。
ぜひ様々な方法を試してみて、妊娠線が薄くなるよう努力してみてくださいね。

ランキングをチェック

関連記事一覧