妊娠線・肉割れ治療にオイル、ベビーオイルが効果的って本当?

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線・肉割れ治療にオイル、ベビーオイルが効くって本当?

オイル・ベビーオイルは妊娠線・肉割れに効果的って本当?

妊娠線・肉割れを発見したとき、オイルやベビーオイルで対処しようとする人も少なくはないのではないでしょうか?
オイルやベビーオイルには、皮膚の保湿効果を高める成分が含まれていますが、果たして妊娠線・肉割れに対してどのくらい効果があるのでしょうか?
ここでは、妊娠線・肉割れ治療に対するオイル・ベビーオイルの効果についてお伝えします。

オイル・ベビーオイルは妊娠線・肉割れ対策に効果あり?

オイル・ベビーオイルは妊娠線・肉割れに効果があるか否か。 これは半分YES、半分NOといえるでしょう。

まずオイル・ベビーオイルは妊娠線・肉割れ治療にはほとんど効果を発揮しません。 そのため、妊娠線・肉割れができてしまったら、専門の治療院で血液改善ガス治療やレーザー治療などの最新の施術を受けることをおすすめします。

では、オイル・ベビーオイルはどのような場面にて用いればいいのでしょうか。 おすすめするのは妊娠線・肉割れ対策としての使用です。 2013年8月17日の『Midwifery』に掲載された京都大学の報告によりますと、オイルやクリームで予防していた妊婦さんとしていなかった妊婦さんの表皮の水分含有量を比較したところ、予防していた妊婦さんの方が水分含有量が多かったそう。 ただしオイルはクリームに比べて水分量が少ないため、ローションなどとの併用がおすすめです。

しかしここで気を付けたいのは、クリームやオイルで予防した妊婦さん、しなかった妊婦さん、どちらも妊娠線の発症率は変わらなかったとのこと。
そのため、丹念にオイルを塗ったからといって妊娠線を予防できるわけではありません。
しかし、妊娠線予防のケアを行っていた妊婦さんの方が「やるべきコトはやった」という思いがあるため感情的な落ち込みは少なかったそうです。対して、予防せずに妊娠線ができてしまった妊婦さんは「もっときちんとケアしておけば良かった」と後悔した人が多かったよう。
このような感情の起伏を抑えるためにも、オイル・ベビーオイルを使った妊娠線対策はしっかりしておきましょう。

妊娠線・肉割れ予防に効果的なオイル・ベビーオイルの使い方

まず利用するオイル・ベビーオイルですが、妊娠線・肉割れは皮膚の内部で発生します。
そのため表皮を保湿する成分しか含まれていないオイルでは効果はありません。
肌の奥まで浸透する植物油のベビーオイルを選びましょう。
また上記にもある通り、オイルは水分保有率が低いため、妊娠線予防クリームなどと併用することをおすすめします。
特に乾燥肌の方は皮脂性の方に比べて妊娠線が生じやすいです。
オイルや保湿クリームなどを使い、こまめにマッサージするようにしましょう。

たとえ効果が出なくても妊娠線対策はしておこう!

妊娠線、肉割れをオイルやベビーオイルだけで完璧に予防するのは難しいです。
「あんなにケアしたのにどうして」という結果に陥った人も少なくはないでしょう。
しかしオイルには身体の温度を上昇させることで、皮膚の柔軟性を高める効能があります。
また肌に必要な油分が含まれているため、保湿にも効果的です。
妊娠中はお肌の調子も不安定で敏感な時期。
こういった時期だからこそ、赤ちゃんだけでなく、ママのケアについても十分に考慮するようにしましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧