肉割れ、妊娠線がお腹にできてしまったとお悩みの方に解決法をご紹介!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 肉割れ、妊娠線がお腹にできてしまったときの対処法をご紹介!

妊娠線、肉割れがお腹にできてしまった! 対処法を教えて!

気づいたらお腹にできてしまった妊娠線、肉割れ。
もしお腹に妊娠線、肉割れができてしまったらどうすればいいの?
ここでは、お腹にできてしまった妊娠線、肉割れの対処法を説明します。

肉割れ、妊娠線を解消するにはどうすればいい?

1.専用のボディークリームやオイルを塗る

肉割れ、妊娠線が発覚した際、多くの人が最初に行うことが市販のローションやボディークリームを塗ることでしょう。
肉割れ、妊娠線は急激な体重増加により、皮膚が引っ張られてしまい、表皮の伸びについていけなくなってしまった皮膚の奥の方にある真皮層が断裂することで、発生します。そのため、皮膚を伸ばさないよう適切な体重管理をしたり、皮膚が伸びてしまっても真皮層が断裂しないよう皮膚の柔軟性を高めたりすることが大事です。
保湿効果が高いボディークリームやローションは皮膚の柔軟性アップに効果的。
肌が乾燥していると、皮膚は簡単に傷ついてしまいます。それを防ぐためにも、保湿を徹底するようにしましょう。
市販のローションやボディークリームでも構いませんが、より効果を高めたい方は専用のボディークリームやオイルの使用がおすすめです。

ボディークリームやオイルのメリットは手軽に始められること。
ただし、デメリットとしては効果に個人差があることが挙げられます。
1回塗っただけで劇的な効果があるクリームなどなく、大半は薄くするのに3カ月から半年以上の期間を必要とします。中には1年以上毎日せっせと保湿したけれども、まったく効果を得られなかったという人も。そのため、ある程度使ってみたけれども全然効果を実感できないという場合は早めにやめたほうが良いでしょう。

2.レーザー治療を行う

専用のボディークリームやオイルを塗っても効果を感じられなかった場合、手術を受けることになります。また3カ月や半年など長期間待てない! 今すぐ肉割れ、妊娠線を消したい! という方にも手術がおすすめです。
手術の中にも色々種類がありますが、最もポピュラーなのがレーザー治療。
患部にレーザーを照射することで火傷を起こし、わざと肌を傷つけることで肌のターンオーバーを促す方法です。
実績のある方法ですが、患部にレーザー熱を当てるため、ダウンタイムが発生したり、中にはかぶれや火傷を起こして逆に肌を損傷したりしてしまう人もいるので注意が必要です。

3.血流改善ガス治療を行う

上記のレーザー治療の欠点を補うために、最近日本でも主流になりつつある手法です。
血流改善ガス治療とは、血流改善ガスを体内に注入することで、真皮層の血流を改善させ、皮膚の代謝をアップ。真皮層に直接アプローチすることで、肉割れ、妊娠線をスピーディーに治すことができます。
治療時間はたったの10分程度で、血流改善ガスは気体のため体内に注入され効果を発揮したあとは跡形もなくなります。そのため、副作用が生じず、極めて安全性の高い治療法です。現在、恵比寿美容クリニックを始めとした人気クリニックが取り入れています。
お腹の肉割れ、妊娠線は改善できる! だから最後まで諦めないで!

肉割れ、妊娠線ができてしまった、と落ち込んでいる方もいると思います。
でも、適切な治療を行えば薄くすることはできるので安心してください。
不安な方は信頼できるドクターにすぐさま相談を。
妊娠線治療を成功させるには、気づいたら即、治療に取りかかることが大事。
後悔しないためにも、スピーディーに行動するようにしてくださいね。

ランキングをチェック

関連記事一覧