妊娠線、肉割れ予防のクリームの本当の効果とは? 専門医がお伝えします。

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線、肉割れを予防するのにクリームが効果的って本当?

妊娠線、肉割れ予防にクリームってどれくらい効果があるの?

妊娠線、肉割れを作りたくない! という理由で、市販のクリームを気になる箇所に一生懸命塗り込んでいる人がいます。
では、妊娠線、肉割れ対策にクリームはどれくらいの効果があるのでしょうか?
妊娠線、肉割れ予防のクリームについてお伝えします。

妊娠線、肉割れ予防のクリームは本当に効果的?

妊娠線、肉割れ予防にクリームは効果なし!?

妊娠線、肉割れの原因は皮膚の乾燥と思い、一生懸命保湿クリームを塗り込んでいる患者さんをよく見かけます。
しかし残念なことに、妊娠線、肉割れ予防のためにクリームを塗ってもほぼ効果はありません。
というのも、妊娠線、肉割れの原因は皮膚の真皮と呼ばれる奥深くにあります。
そのため、皮膚の表皮を潤すことしかできない保湿クリームやオイルを塗りたくっても、真の原因である真皮には何の影響もないのです。
それどころか、人によってはクリームの塗りすぎで肌がかぶれてしまうこともあります。

妊娠線、肉割れ専用クリームの効果は?

といっても、インターネット上を見てみると「妊娠線、肉割れ専用クリーム」なるものが販売されています。
これらのクリームは「妊娠線、肉割れができる真皮にまで深く浸透!」といった売り口上のものが多いです。
また「1週間で妊娠線、肉割れが治りました」などの口コミも見かけます。
しかし妊娠線、肉割れ専用クリームを塗っても効かなかったという患者さんの声も多いです。
その理由として、以下2つが挙げられます。

1.製品の品質が悪い

製品の品質そのものが悪ければ、いくらクリームを塗りたくっても仕方がありません。
宣伝には「妊娠線、肉割れが消えた」「妊娠線、肉割れに効く○○という成分を配合」などと書かれていますが、本当に消えるかは眉唾物ですし、実際に妊娠線、肉割れに効果的な成分を配合していたとしてもその分量が少ない可能性もあります。
ホームページの情報や口コミに惑わされず、実際に体験した本人から評判を聞くなど、確かな筋から情報を手に入れるようにしましょう。

2.コスパが悪い

製品そのものの品質が良かったとしても、クリームの値段が高くて継続できないというケースも多いです。
ほとんどの妊娠線、肉割れ専用クリームの効果が発揮されるのは、使い始めて半年から1年後。
その間、1本5千円以上するクリームを塗り続けていたら、それなりの値段になってしまいます。

また施術と違ってクリームは「消えていっている」という実感に乏しいため、「本当に効果があるの?」と挫折してしまう人も。 肉割れ、妊娠線専用クリームで予防するには、ある程度の財力と根気が必要です。

効果的な妊娠線、肉割れの予防方法とは?

では、どのようにして妊娠線、肉割れを予防するのが良いのでしょうか?
以下、3つの方法をお伝えします。

1.保湿する

クリームだけで妊娠線、肉割れを予防するのは難しいですが、保湿自体は肌にも良いし大事です。
クリームを塗る以外にも、乾燥した部屋に長時間いないようにするなど心がけましょう。

2.むやみに体重を増減させない

肉割れ、妊娠線は、妊娠時やダイエット後など体重が大幅に増減したときに発生します。
そのため、暴飲暴食や無理なダイエットはできる限りしないようにしましょう。

3.むくみを解消する

肉割れ、妊娠線はむくみによって生じることもあります。
立ち仕事などむくみが発生しやすい職業の方は、こまめに足をマッサージするなどして、血流を良くするようにしましょう。

レーザー治療は短期間で治したい人には◎! でも肌トラブルには気を付けて!

妊娠線、肉割れ治療の中でもポピュラーな方法であるレーザー治療。
熱によるターンオーバーで表皮をキレイにするには適していますが、妊娠線や肉割れなど真皮(肌の深部)の病気に関しては、効果は一様ではありません。
クリニックや医師によって差が出てきます。
また未熟なクリニックや医師が施術すると、やけどの跡が残ってしまったり、皮膚がかぶれてしまったりすることも。
こういったリスクをしっかりと認識した上で施術を受けるようにしましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧