妊娠線・肉割れクリームは市販品を薬局で買っても意味がありません。

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線・肉割れクリームは薬局で市販品を買ってはいけません!

薬局で市販されている妊娠線・肉割れクリームはどれくらい効果があるの?

薬局やドラッグストアで見かける「妊娠線・肉割れ専用クリーム」。
ちょっと気になるけれど、本当に効果があるのかしら……。
そう思っている人もいますよね。
そんな方々のために、ここでは市販の妊娠線・肉割れクリームの効果を検証します。

市販の妊娠線・肉割れクリームの効果とは?

薬局やドラッグストアで売られている市販の妊娠線・肉割れクリームにはどれくらい効果があるのか。
残念ながらその効果はほとんどないと考えてください。
なぜ効果的ではないのか?
それは、妊娠線・肉割れの原因は、体重増加など肉体の急激な変化により表皮が伸びきり、その奥にある真皮層がついていけなくなり断裂してしまったから。その裂け目が傷となって表面化したのが妊娠線・肉割れです。
そのため、妊娠線・肉割れを解消するには、裂けてしまった真皮層に成分が行き届かなくてはなりません。
しかし市販のクリームのほとんどは表皮の乾燥を防ぐだけ。
真皮層にまで成分を届けることはできないのです。

では、なぜ薬局やドラッグストアで妊娠線・肉割れクリームを販売しているのか?

では、なぜ薬局やドラッグストアの陳列棚には妊娠線・肉割れクリームが並べられているのでしょうか。
これらのクリームの多くは、できてしまった妊娠線・肉割れを解消するのではなく、妊娠線・肉割れができないよう予防用。ほとんどが保湿クリームと似たような役割を果たしています。
ただ残念なことに、どんなに保湿したとしても、肉割れ・妊娠線を予防することはできません。
その理由は前述の通り妊娠線・肉割れの主な原因は乾燥ではなく真皮層の断裂によるものだからです。

妊娠線・肉割れができてしまった! どうすればいい?

では、妊娠線・肉割れができてしまった場合は、どのように対処するのが正解なのでしょうか?
まず前述の通り市販のクリームを塗っても意味はありません。
肌に合わないクリームを塗り続けると事態を悪化させる可能性もあるので気をつけてください。

妊娠線・肉割れの跡が消えない場合は、専門家に相談しましょう。
クリニックに行けば、手術などの方法で適切に対処してくれるはずです。
手術なんて恐い、と思う方もいるかもしれませんが、妊娠線・肉割れの治療手術はそんなにハードルが高いものではありません。
様々な治療法がありますが、どれも1回5~10分程度で終わりますし、麻酔を使うので痛みもほとんどありません。

その中でも特におすすめの治療法が血流改善ガス治療です。
これは肌に血流改善ガスを注入することで、真皮層の血流を改善し、皮膚の代謝をアップさせ、妊娠線・肉割れ治療を行います。
この方法のメリットは治療時間が10分程度と短く、ダウンタイムもほぼないこと。
ガスを体内に注入することに不安を覚える人もいるかもしれませんが、気体なので効果を発揮したらすべて抜けていきます。そのため副作用の心配もほとんどありません。

手術や治療という言葉を聞くと不安を覚える人もいると思いますが、効果のない市販のクリームを塗り続けるよりは、手術を受けた方が、手間も時間もお金もよっぽど節約できます。
不安な気持ちはわかりますが、案ずるよりも産むが易し。
ぜひ第一歩を踏みだしてくださいね。

市販の妊娠線・肉割れクリームは効果なし! 妊娠線・肉割れを解消したいならクリニックに相談して

以上、薬局やドラッグストアで販売している市販の妊娠線・肉割れクリームの効果です。
残念に思う人も「やっぱり」と思った人もいるかもしれません。
しつこい妊娠線・肉割れを素人がひとりで治そうと思っても無理があります。
悩んだ場合は、早めに専門家に相談してくださいね。

ランキングをチェック

関連記事一覧