ダイエットによる妊娠線、肉割れの解決方法を伝授します!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > ダイエットによる妊娠線、肉割れのお悩みを解決します!

ダイエット後の妊娠線、肉割れは消える?

ダイエットが原因で肉割れが発生してしまった! そんなお悩みありませんか?
せっかく頑張ってダイエットしたのに肉割れができてしまったら、海やプールにも行けませんし、鏡に映る自分を見るたびに憂鬱な気分になってしまいますよね。
そんな人のために、ダイエットが原因でできてしまった妊娠線の解決方法を伝授します!

ダイエットによる妊娠線、肉割れを消す方法

なぜダイエットが原因で妊娠線、肉割れができてしまう?

肉割れ、妊娠線は通常、妊娠時など体重が大幅に増加したときに発生します。
急な体重増加により皮膚が伸びてしまい、それに伴い体内の細胞が傷ついてしまうからです。
では、なぜダイエットをして体重を減らしたのに肉割れ、妊娠線ができてしまうのでしょうか?
これには主に3つの原因が考えられます。

1.すでにダイエット前から肉割れ、妊娠線ができていた

すでにダイエット前から肉割れ、妊娠線ができていた可能性があります。
通常、肉割れ、妊娠線は皮膚が急激に伸びることで、真皮にある細胞が断裂してしまい、その傷跡が「肉割れ」「妊娠線」という形で表面化するのです。
そのため、ダイエット前には目立っていなかった肉割れ、妊娠線が、時間の経過により、ダイエット後に表に出てきた可能性が考えられます。

2.高負荷がかかる運動を短期間にしすぎた

ダイエット中に行っていた運動により肉割れ、妊娠線が発生してしまった方もいます。
例えば、フィットネスジムに通い、高い負荷を短時間に一気にかけていた場合、一部の筋肉が異様に鍛えられ、肉割れ、妊娠線が発生する可能性があります。
肉割れ、妊娠線が心配な方は低負荷の運動を回数多くこなすことをおすすめします。

3.過度の食事制限による栄養不良

食事制限による栄養不足が肉割れ、妊娠線を引き起こすこともあります。
肉割れ、妊娠線は真皮層の栄養不足や乾燥が原因で生じます。
そのため、極端な食事制限をすると、真皮層や皮下組織が必要とする栄養素が足りなくなってしまい、その結果、肉割れ、妊娠線が発生してしまうのです。
特にコラーゲン繊維をつくるうえで重要なビタミンCやたんぱく質が不足してしまうとその危険性が高まります。

できたしまった肉割れ、妊娠線はどう治療すれば良い?

ではいったんできてしまった肉割れ、妊娠線を治療するには、どうすれば良いのでしょうか?
以下、いくつかの治療手段をお伝えします。

1.自宅でクリームを塗る

肉割れ、妊娠線に効果がある専用クリームを塗ることで徐々に肉割れ、妊娠線を薄くすることができます。
しかし効果のないクリームも多く、また長期間継続しなければならないので、結果的にコストパフォーマンスが悪いことも多いです。

2.レーザー治療を受ける

レーザー治療を通じて、肉割れ、妊娠線を治す方法もあります。
しかしレーザー治療の多くは高額で、高熱で皮膚の表面を照射するためやけどなどの副作用が発生する可能性もあります。
この方法を選択する場合は、信頼できるクリニック選びが大事です。

3.炭酸ガス治療を受ける

極細針の注射器を使って、体内に炭酸ガスを注入する方法です。
炭酸ガスを注入することで、真皮の血流が改善し、皮膚の代謝がアップ。
真皮に直接アプローチすることで醜い肉割れ、妊娠線を治療します。

炭酸ガスは効果を発揮した後は、気体のため身体から抜けていきますので、体内には何も残らず、副作用の心配もありません。
海外では10年以上前から実績のある方法で、現在、日本人の肌質に合うようアレンジしたオリジナルの方法も開発されています。

ダイエット後の肉割れ、妊娠線は適切な方法で治療しよう!

妊娠や暴飲暴食が原因で太ったときのみならず、大幅に体重が減少したときも肉割れは発生する可能性があります。
だからこそ、急激な体重の増減には注意してもらいたいです。
肉割れ、妊娠線が発生してしまったらお気に入りの水着も着られないし、温泉旅行にも楽しんで行けなくなります。
もし発生してしまったら、自分に合った方法で早めに治療するようにしましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧