有名人は妊娠線、肉割れをどのように対策している? みんなの疑問を解決!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 有名人の妊娠線、肉割れの対策法についてお伝えします。

妊娠線を作りたくない! 有名人たちの対策方法とは?

出産・妊娠は女性の憧れでありつつも、その際に生じる妊娠線は何としてでも避けたいものですよね。
それは有名人も一緒。
皆さん、妊娠線ができないようあの手この手で頑張っているようです。
では、芸能人たちはどのような対策法を取っているのか? みていきましょう。

有名人たちの妊娠線の対策方法とは?

妊娠線に悩む有名人とは?

多くの女性有名人が妊娠線についての悩みを吐露しています。
順番に見ていきましょう。

1.釈由美子さん

臨月を迎えるにあたり一気にお腹が出てきたとき、お腹の妊娠性掻痒(そうよう)によるかゆみに相当悩まされたそうです。
その時、お腹を掻いてしまっていたそうですが、それをきっかけに妊娠線ができるのではないかと、多くの方法を実践されていました。
特に釈さんが気を使っていたのが「保湿」。
ストレッチマーク(妊娠線)対策用の保湿オイルを手の届く範囲に置いて、かゆくなったらすぐにオイルを塗り込んでいたそうです。
お腹以外にも胸やおしり、太ももなど、一気に脂肪が蓄えられたところにも塗り込んでいるとブログに書いていました。

2.吉澤ひとみさん

吉澤さんも妊娠線予防のため、妊娠初期から、お風呂上がりにたっぷりの保湿クリーム&オイルを塗ったとブログに書いています。
ついでに傷跡が消える効果のあるクリームも一緒に塗っていたそうです。
しかし、吉澤さんは一生懸命ケアしていたにもかかわらず足の付け根に妊娠線が発覚したそう。
やはり努力しても保湿クリームやオイルだけで完璧に防ぐことは難しいのかも知れません。

3.友利新さん

タレントで皮膚科医でもある友利新さんは、「一番の妊娠線対策は保湿」と話しています。
ただしケアしても肌質によってはできてしまう可能性もあることも指摘しています。

4.小森純さん

小森純さんも妊娠線対策としてマタニティーオイルを塗っていたようです。
また彼女はモデルでもあることから、食事にもかなり気を使っていたらしく、無農薬の野菜を取り寄せたり、妊娠中でも太りすぎないよう低カロリーの食事を作ったりするなど工夫をしていたようです。

5.スザンヌさん

スザンヌさんも随分多くの方から妊娠線のケアグッズをもらったため、いろいろなオイルやクリームを活用していたようです。
毎日、朝、晩と旦那さんにマッサージをしてもらいながら、クリームを塗り込んでいたそう。
妊娠して、お腹が大きくなってくると、下腹部やおしりの下の方など自分でマッサージするのは困難。 周囲に協力してもらうことも大事ですね。

6.山田優さん

山田さんは出産後約2カ月でスピード復帰しましたが、その時点ですでに妊娠前より体重が少なかったそう。
モデルさんという職業柄、ストイックなケアに励んでいたのでしょうが、女性として見習いたいものですね。
そんな彼女も妊娠線予防としてクリームを愛用していたようです。
もともと、保湿ケアのために使っていたクリームが妊娠線予防にも効果があるため、継続して利用したと書かれています。

7.東原亜希さん

4人のお子さんを持つ東原さんも、妊娠線予防のために、妊娠4カ月目以降は毎日オイルやクリームを塗っているとブログに書いていました。
また双子を出産したときは、少しでもお腹の負担を軽減するため、腹巻きにさらしにベルトを巻いて、何重にもお腹を保護していたようです。
双子を産む場合、お腹の負担は大きくなるので、妊娠線ができる確率は高まりますが、1本でも減らそうという努力が伝わってきました。

有名人だって妊娠線ができないよう努力している!

有名人の方々も妊娠線が出ないよう努力していることが分かりましたね。
自分の身体が商品でもある有名人だからこそ、その努力は並ではありません。
しかしその努力があるからこそ、産後も産前と変わらず美しい姿でいられるはず。
少しでも彼女たちに近づけるよう、皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?

ランキングをチェック

関連記事一覧