肉割れ、妊娠線の悩みを食べもので解決します!ぜひご覧ください!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 肉割れ、妊娠線の予防や解消に効果的な食べものって何?

肉割れ、妊娠線を食べもので治すことはできるの?

肉割れ、妊娠線が発生してしまったらどうしよう。
そう不安に思っている方もいると思います。
肉割れ、妊娠線の原因は急な体重増加による皮膚の伸びに、皮膚の奥の方にある真皮層がついていけず、断裂してしまうこと。
そのため、食生活を管理していれば予防できるのではないか、と考えるのは当然ですよね。
実際、肉割れ、妊娠線を食べもので予防したり治療したりすることはできるのか?
ここでは、肉割れ、妊娠線と食べものについて説明します。

肉割れ、妊娠線予防に効果的な食べものとは?

肉割れ、妊娠線の原因は短期間での急激な体重増加。
そのため、過度な暴飲暴食はNGです。
日常的に太りやすい食べものを食べないことはもちろん、一番危険なのは食事制限ダイエットに成功後、ストレスで一気に食べてしまい、リバウンドしてしまうこと。
食事制限により体内が栄養不足になっているため、皮下組織や真皮層も断裂しやすい状態になっています。
その中でさらに体重が一気に増えてしまうと、通常より、肉割れが発生する可能性が高まります。

肉割れ、妊娠線解消に効果的な食べものとは?

では、既にできてしまった肉割れ、妊娠線の解消に効果的な食べものはあるのでしょうか。
肉割れや妊娠線を起こりづらくするには、真皮層に広がるコラーゲン線維やそれを支えるエラスチン線維を強くする必要があります。
そのためには、コラーゲンではなく、コラーゲンを産生するビタミンCを摂取できる食べものを積極的に食べることをおすすめします。

コラーゲンはたんぱく質の一種。身体にとって大事な栄養素の一つであることは変わりませんが、妊娠線、肉割れ対策にはビタミンCを摂取した方が効果的です。
具体的には、赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず(果皮)、アセロラジュース、パセリ、芽キャベツ、レモン、なすの辛子漬け、ケール、カラシ菜漬け、ピーマン、ゴーヤ、明太子、柿などの食べものがあげられます。
過剰に摂取した分は自然と排出されるので、食生活で十分なビタミンCをとれない方はサプリメントで摂取しても構いません。
また同時に、皮膚組織の健康を保つためたんぱく質も積極的に摂取するようにしましょう。たんぱく質をとるには肉類、魚介類、卵類、大豆および大豆製品、牛乳および乳製品を食べる必要があります。

ビタミンCをクリームやオイルから摂取することも可能

コラーゲンづくりに欠かせないビタミンCですが、ビタミンC自体はもろく、壊れやすいため、クリームやオイルに配合しても効果を発揮しにくいといわれていました。
またビタミンCのままでは皮膚から浸透しづらいという欠点もありました。
そんな欠点を克服して開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。
最近はこのビタミンC誘導体が配合されている妊娠線、肉割れ専用クリーム、オイルも発売されていますので、購入する際にチェックしてみるのも良いかもしれません。
妊娠線、肉割れ予防は食生活から始まる!

妊娠線、肉割れ予防または解消に効果的な食べものは分かりましたでしょうか?
食事は生きる上での基本。
食生活が乱れていたら、妊娠線、肉割れにかかわらず美貌を損なってしまいます。
栄養たっぷりの食事は元気な赤ちゃんを産むためにも必須!
美容、安産両方のためにも、過度なダイエットや暴飲暴食はやめて、規則正しい食生活を心がけましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧