妊娠線専用クリームを顔に塗ったときに考えられる効果や注意点を解説!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線専用クリームを顔に塗ってみたらどうなるか、解説します!

妊娠線専用のクリームは顔のスキンケアにも使えるって本当?

妊娠線専用クリームが余ってしまった。
せっかくだから顔にも使えないかと考える人もいるのではないでしょうか。
妊娠線専用クリームは顔のスキンケア用品としても有能なのかお伝えします。

妊娠線専用クリームを顔に使ってみたら……

妊娠線専用クリームは一般的にお腹や太もも、胸元など身体に使うもの。
顔に使っても大丈夫なのでしょうか?
一般的に「顔には使わないでください」という注意喚起さえなければ使用しても構いません。
では、顔に使ってみた場合、どのような効果があると考えられるのでしょうか。

1.高い保湿力

妊娠線専用クリームには保湿成分がタップリ含まれています。
顔も身体同様、保湿される可能性は十分あるでしょう。

2.小顔効果

多くの妊娠線専用クリームには、伸びてしまった肌を引き締めるための成分が含まれています。
中には、血行を促進させ、マッサージ効果が出るよう作られているものも。
そのため、顔の血行を促進させ、きゅっと引き締めることができるかもしれません。

妊娠線専用クリームを顔に使うときの注意点

1.口に入っても問題ないか確認する

妊娠線専用クリームは身体に使うのが一般的なため、口に入ることを想定していない製品もあります。
そのため、万が一口に入ってしまったとしても安全性の面で問題ないか、成分表示をよく確認しておく必要があります。

2.少量ずつ使う

身体よりも顔の皮膚はデリケート。
そのため、お腹やお尻は大丈夫だったけれども、顔に塗ったらニキビなどの肌トラブルが発生してしまったということだってあり得ます。
まずは生え際など問題がなさそうなところに塗って数時間置き、安全性を確認してから、少しずつ塗る範囲を広げていきましょう。

3.目や口の際(きわ)には塗らない

顔の中でも目や口の際は特にデリケートな箇所。
誤ってそれらの中にクリームが入ってしまったら大きなトラブルになりかねません。
顔に使う場合は、頬や鼻、額など比較的問題がなさそうなところから塗っていきましょう。
万が一目や口の中に入ってしまったらすぐに洗い、異常を感じたら即座に医師に相談しましょう。

妊娠線専用クリームは顔以外のパーツにも使える?

妊娠線専用クリームがもし余ってしまったら、ハンドケアやボディケア用品として使う手もあります。 保湿力が高いので、乾燥しやすい肘や膝に集中的に使うのも良いかもしれません。
また赤ちゃんが触れても大丈夫に設計されているものが多いので、赤ちゃんのお風呂上がり用のボディケア製品として使うのもアリでしょう。
どの使用用途においても、まずは少量で試してみて、特に問題がなさそうだったら日常使いするようにしてくださいね。

妊娠線専用クリームは顔にも使えるが、安全性には配慮して!

妊娠線専用クリームが顔用スキンケアとして利用できるかどうか分かりましたか?
妊娠線専用クリームには、美容や保湿に関する成分がたくさん含まれています。
そのため、顔に使ってみたら思わぬ効果が出るかもしれません。
しかしあくまでも、身体用のクリームなので顔に使う際はくれぐれも安全性に気を付けて。
少しでも異常を感じたら、すぐにやめるようにしましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧