デブ線ができる原因や予防方法について詳しく解説します!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > デブ線ができる原因や予防方法についてお伝えします。

デブ線はなぜできてしまう?

太ももやふくらはぎに赤いミミズ腫れや白い線のようなデブ線ができてしまってお困りの方いませんか?
なぜ妊娠したわけでもないのにデブ線ができてしまったのでしょう。
ここでは、デブ線ができる原因とメカニズムについて解説します。

デブ線ができる理由

デブ線は以下のような原因で発生することが多いです。

1.急激な体重の変化

ただ太るのではなく、妊娠など短期間で急激に多重が増減するとデブ線ができやすいです。

2.急激な成長

成長期に一気に背が伸びたり、胸が膨らんだりすることによりデブ線が発症する人もいます。

3.過激すぎるトレーニング

過度の筋トレなど身体に負荷をかけすぎる行為もデブ線発症の一因です。

4.足裏が不安定

太っていない人であっても、外反母趾、浮き足、扁平足など足裏が不安定な人もデブ線ができやすいといわれています。特にヒールの高い靴をよく履く人はふくらはぎにデブ線ができやすいです。デブ線を予防するには、かかと、中足関節、足指の3点をしっかり地に着けて歩くようにしましょう。

5.皮膚が硬い

デブ線は真皮層と呼ばれる皮膚の奥側が断裂することにより発生します。そのため、乾燥肌や血行不良などで皮膚が硬い人は、柔らかい人よりデブ線ができやすいです。

デブ線ができる場所

デブ線は特に以下のような部位にできやすいです。

  • ・お腹
  • ・ふくらはぎ
  • ・膝裏
  • ・太もも
  • ・臀部
  • ・腰回り
  • ・背中

デブ線の予防方法は

身体にデブ線ができてしまったら嫌ですよね。予防する方法はないのでしょうか?

1.保湿

上記の通り、デブ線は乾燥肌の人の方ができやすいです。そのためデブ線予防のクリームやオイルを使ってしっかり保湿するようにしましょう。

2.マッサージ

血行不良も肌を硬くしてしまう原因のひとつです。日ごろからマッサージをすることで血行の流れを良くしてあげましょう。ただし、あまり強くマッサージしすぎると、帰って肌に悪影響を与えてしまうので力加減には気を付けましょう。

3.運動

血行促進のためには運動も欠かせません。また運動不足は体重増加の一因にもなります。急激な体型の変化を防ぐためにも、定期的に運動する習慣を身につけましょう。

4.食事管理

食事管理も体重増加を防ぐために大切な要素です。健康的な食生活を心がけ、過度な暴飲暴食はしないようにしましょう。

デブ線ができてしまったら? 適切な治療法は?

最後にデブ線ができてしまったときの対処法についてお伝えします。
デブ線改善の方法として、最もポピュラーなものが専用のオイル・クリームの塗布です。
しかしこれは薄いデブ線ならまだしも、重度のデブ線に対してはほとんど効果がないことが判明しています。
そのため、濃いデブ線ができてしまった場合は、施術を受けるのがおすすめです。
デブ線治療の施術には、レーザー治療、血流改善ガス治療、針治療などがあります。
それぞれの特色をよく調べた上、信頼できる医師の診断を受けるようにしましょう。

デブ線は体重増加などに気を付ければ予防できる!

デブ線ができる原因について分かりましたか?
デブ線は体重増加や乾燥肌など身体に気を付ければある程度予防することも可能です。
ぜひ日ごろから適切な運動や食事管理、また保湿やマッサージをすることで、発症を防ぐようにしましょう。
予防していたけれどもできてしまったという場合は、早めにお医者さんに相談することを忘れずに。
速やかに診断を受けることで、重症化を防げますよ。

ランキングをチェック

関連記事一覧