妊娠後期は妊娠線ができやすい時期。だからこそ、妊娠線予防をしましょう!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠後期は妊娠線ができやすいって本当? 理由を徹底解説!

妊娠線は妊娠後期にできるって本当? その理由を解説!

妊娠する上で避けられないのが妊娠線ができるおそれ。
5~6割の妊婦さん、経産婦に限っては8割以上が妊娠線に悩まされています。
特に妊娠後期から妊娠線が目立ち始めたという人は多いです。
そんな妊娠線を少しでも予防するためにも、妊娠後期から始められる妊娠線対策についてお伝えします。

なぜ妊娠後期になると妊娠線が目立ち始める?

妊娠後期になると妊娠線が目立ち始める大きな理由が食欲の増加です。
出産予定日が近づいてくると、子宮の位置が下がってきます。
これは身体がお産の準備に入っている証拠で、赤ちゃんの胎動も減って静かに出産の時を待っているような状況になってきます。
この時、胃が空いた感覚になるせいか、身体がスッキリした状態になり、食欲が増してしまうのです。
安定期よりも食欲が増加して、いくらでも食べられる! という状態になってしまう妊婦さんも……。
その結果、体重がどんどん増えていきます。
そして下腹部を中心に妊娠線ができやすくなってしまうのです。

妊娠後期の妊娠線対策はどうすれば良い?

では、妊娠後期の妊娠対策として何をすれば良いのでしょうか。

1.保湿

最初にしておきたいのが保湿対策です。
妊娠線用のクリームやオイルを下腹部を中心に、バスト、お尻、太もも、二の腕など、妊娠線が発生する可能性がある場所にくまなく塗って、肌を柔らかくしておきましょう。
妊娠後期は妊娠線ができやすい時期なので、初期や中期よりもより念入りに塗っておく必要があります。
塗る量をこれ以上増やせない場合は、塗る回数を増やしましょう。

予算やケアする時間に余裕のある方は、クリームとオイルを併用しましょう。
片方だけ使用するよりも保湿効果がアップします。

オイルは水分量が少ないため、お風呂上がりなど肌に湿り気があるときに用いるのがベスト。
そのため、朝や日中はクリーム、お風呂上がりはオイルを使うといった方法が良いかもしれません。
またオイルは人肌程度に温めてから使用すると浸透力が高まりますので、ぜひこの一手間を忘れないでくださいね。

2.マッサージ

塗るだけでなくマッサージをすることで血行を促進しましょう。
特にリンパに沿って塗るとたるみ防止にもなりますので、皮膚の伸びが気になる妊婦さんにとっては一石二鳥。
血流も良くなるので、冷えが大敵の妊婦さんにとって効果的な塗り方といえるでしょう。

3.体重管理

上記の通り、妊娠後期は胃が空く感覚になり食欲が増す妊婦さんが多いです。
だからといって、欲望のまま食べてしまうのはNG。
妊娠線発生の原因になってしまいます。
妊婦だから「赤ちゃんのため」といって、いくらでも食べて良いわけではありません。
基本的には10kg以上体重は増やさないようにしましょう。

妊娠後期はより入念な妊娠線予防が必要!

妊娠後期に妊娠線ができやすい理由は分かりましたか?
妊娠線予防は早めに行うことが大切ですが、お腹が急激に大きくなりやすい後期はより入念に対処する必要があります。
ぜひ自分にぴったりの妊娠線予防対策を見つけて、産後も自分に自信を持てる素敵なママになりましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧