痩身の人でも肉割れは発生するという具体的な事例をご紹介!

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 痩身の人でも肉割れができるシチュエーションをご紹介!

痩身の人にも肉割れはできるって本当?

身体に赤色のミミズ腫れや白色の筋条の線が入る肉割れ。
妊娠など体重の急激な増加により発生することは有名ですが、実は痩身の人にもできるって知っていましたか?
ここでは、痩身の人でも注意しておきたい肉割れの知識についてお伝えします。

肉割れとは?

肉割れは急激な体形の変化に皮膚の伸びが追いつけず、皮膚の奥側にある真皮層や皮下組織が断裂して生じるもの。
赤紫や白色の線がお腹、ふくらはぎ、太もも、お尻、腰周り、背中などに発生します。
肉割れは妊娠など体重が急増したときに生じるものと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、実は体重に変化がなくても起こることがあるのです。

こんな時は要注意! 肉割れが起こりやすい時

1.妊娠

痩身の人でも妊娠により体重が増えたら肉割れが発生する可能性が高まります。

2.成長期

急激に身長が伸びた、胸元が大きくなったなど、体重以外の体型変化においても肉割れは発生することがあります。

3.筋肉の鍛えすぎ

過酷なエクササイズなど過度の運動によっても肉割れが生じることもあります。

4.足裏が不安定

肉割れは外反母趾や浮き足、扁平足といった足裏が不安定な人にも見られる傾向があります。
このような人は足の指を上げて歩くクセがあるため、足に余計な負荷をかけていることが多いからです。

ヒールの高い靴を履く人はふくらはぎの内側に、親指を上げて歩くクセがある人は太ももに肉割れが発生しやすいです。

足裏のバランスを改善するには、テーピングやインソールを利用して、足の指で踏ん張る力をつけるといいでしょう。
また親指の可動域を広げるエクササイズをすることでも改善されます。

5.皮膚が硬い

肉割れは表皮の伸びについていけなくなった真皮層や皮下組織が断裂して生じるもの。
そのため血行不良や乾燥により皮膚が硬い人はなりやすいです。
保湿やマッサージをするなどして改善しましょう。

もし肉割れが発生したら?

もし肉割れを見つけてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

1.肉割れ専用のクリーム・オイルを塗る

肉割れ専用のクリーム・オイルを塗ることで真皮層を保湿しましょう。
ただしクリームやオイルの効果には個人差があり、半年以上塗り続けても効果がまったく現れない人もいます。

2.レーザー治療を受ける

クリームやオイルで改善できない重度の肉割れを治すには施術を受けるしかありません。
代表的な治療のひとつがレーザー治療です。
患部にレーザーを照射することで、低温火傷を起こして、皮膚の代謝をアップさせます。
ただし、火傷やかぶれなどの副作用やダウンタイムが発生することもあります。

3.血流改善ガス治療を受ける

皮膚の中に血流改善ガスを注入し、肌のターンオーバーを促進、血行をよくして皮膚の代謝をアップさせる方法です。
真皮層や皮下組織に直接アプローチできるため、レーザー治療より高い効果を期待できます。
また副作用やダウンタイムもほとんどなく、治療時間もたった10分程度なので今注目を浴びている治療法です。

肉割れは痩身の人にもできる! できた場合は、信頼できる医師に相談して

肉割れは痩身の人にもできることは分かりましたか?
体重の急激な増加以外にも様々なシチュエーションにおいて肉割れは発生します。
しっかり保湿ケアしていたけれどもできてしまった場合は、信頼できる医師に相談して、早めの治療を心がけましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧