お尻、脚に肉割れができてしまった! 原因と治療法を解説します。

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > お尻や脚に肉割れができてしまった! 最適な治療法を解説します

お尻や脚にできた肉割れ、どうすれば良い?

お尻や脚に肉割れができてしまった!
そんなとき、どのように対応するのが正解なのでしょうか?
正しい対処方法をお伝えします!

お尻や脚にできた肉割れの解決方法

なぜお尻や脚に肉割れができてしまう?

そもそも肉割れは急激な体重の増加により皮膚が伸びきってしまい、それに追いつけなかった真皮の細胞が断裂することによって生じます。
だから、甘いものや脂っこいものなど高カロリーな食品の食べ過ぎやアルコール類の過剰摂取は肉割れの大敵です。
しかし、お尻や脚の肉割れはこれ以外の方法でもできることがあります。
順番に見ていきましょう。

お尻や脚に肉割れができてしまう理由

-お尻-

女性の場合、思春期など女性ホルモンの影響でお尻や胸回りが大きくなると同時に肉割れができてしまう可能性があります。

またデスクワークなど長時間の座り仕事をしている人は要注意。
血流が悪化した結果、真皮層の細胞に負担がかかり、断裂して肉割れが起きてしまうことがあります。
心配な方はクッションを敷いたり、こまめに保湿クリームを塗ったりしてお尻を保護することをおすすめします。

-脚-

細身なのに太ももや膝裏などの足裏に肉割れができてしまった。
そんな人は歩き方に注意してください。
脚に肉割れができている人の多くが、「指上げ歩き」と呼ばれる、足の指を上げて歩く歩き方をしている可能性があります。
指上げ歩きをすると、足の裏のバランスが悪くなり、脚に余計な負担を与えてしまいます。
その結果、肉割れだけでなく、浮き足、外反母趾、扁平足などの症状が発生する可能性も出てきます。

またヒールの高い靴をよく履く人は、ふくらはぎに肉割れができやすいです。
気になる方は、スニーカーやバレエシューズなどフラットシューズを履くようにしましょう。

また急激に筋肉量が増えてしまった人も脚に肉割れができやすいです。
そのため、スポーツやトレーニングをする際は、高い負荷を一気にかけるのではなく、1回の負荷は低めにして回数を増やすようにしましょう。

お尻や脚に肉割れができてしまったときの対処法

では、一度できてしまったお尻や脚の肉割れはどのように対応すれば良いのでしょうか?

1.クリームを塗る

まず多くの方が肉割れ対策として行うのが肉割れ用のクリームを塗ることではないでしょうか? ドラッグストアではあまり見かけませんが、妊娠線、肉割れ用のクリームはインターネット上ではよく見かけ、比較的に気軽に購入できます。

しかしほとんどのクリームは長期的に継続しなければ効果は出ません。

最低でも半年間毎日塗り続ける必要があります。
中には表皮を保湿するだけで、肉割れの真の原因である真皮層まで有効成分が届かないクリームもありますので注意が必要です。

2.ダイエットをする

体重の増加が原因で肉割れが生じたのだから、ダイエットすれば治るという考え方をする人がいますが、これは効果がありません。
というのも、肉割れは急激な体重増加により真皮層の細胞が断裂してできたもの。
ダイエットしたら細胞が修復されるわけではありません。

3.手術を受ける

手っ取り早く肉割れを改善したいならば、専門医に治療してもらうのが一番です。
一言で手術といえども、レーザー治療法、炭酸ガス治療法、ダーマローラー法など色々あります。
ぜひご自身に最も合った治療法とクリニックを選んで、コンプレックスを解消してください。

お尻、脚の肉割れは体重の急増以外にもできる可能性あり!

お尻や脚の肉割れは、急激な体重増加時だけでなく、身体の成長や歩き方などによってできることもあります。
そのため、注意が必要です。
しかしいくら予防しても、肉割れはできてしまうときはできてしまいます。
その際は、自分に合った方法で早めに治療するのがおすすめです。
治療法は色々ありますが、最も効果があるのはやはりプロによる施術です。
ぜひいろいろな情報を参考に、自分に合った治療法で早めに治していきましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧