妊娠線と正中線の違いとは?プレママの皆さんぜひご覧ください。

肉割れ・妊娠線治療におすすめのクリニックランキング > コラム > 妊娠線と正中線の違いは何?両者の違いを解説します!

正中線とは? 妊娠線との違いは何?

妊娠してお腹が大きくなってくるとおへその真ん中に浮かび上がってくる茶色い線。
そう、その線こそがまさに「正中線」です。
正中線とは何か? なぜ発生するのか?
ここでは、正中線と妊娠線について解説します。

正中線って一体何?

正中線とは妊娠中にお腹が大きくなってくると浮かんでくる茶色い縦線のこと。
妊娠して初めて見るのでびっくりする人も多いと思いますが、実は男女問わず誰もが生まれつき持っているモノなのです。

人間の身体の中央部分には胎児の時の跡がいくつも残っています。
鼻の下の筋やあごの割れ目もその一つ。そして、正中線も胎児の時の名残です。
普段は薄くて見えないですが、妊娠によって皮膚が薄くなることにより、正中線がくっきり浮かび上がってきます。
さらにホルモンバランスの変化でメラニン色素がたまり、正中線は色が濃くなってくるのです。
妊娠中に正中線が目立つようになるのは、乳首が黒ずんだり、シミやソバカスが増えたりするのと同じ原理なのです。

正中線はいつ頃から浮かび上がる?

正中線は妊娠20週前後から目立ってくる人が多いようです。
ただ個人差があるので、妊娠16週ぐらいから濃くなる人もいれば、産後もそこまで気にならなかったという人もいます。

正中線と妊娠線の違いとは?

正中線を妊娠線と勘違いする人もいますが、両者は別物。
メラニン色素の蓄積により表れる正中線に対して、妊娠線は急激な体重増加による皮膚の伸びにより発生します。皮膚が伸びることによって、表皮の奥にある真皮層に断裂が走り、その裂け目が妊娠線として表面化するのです。
妊娠線は正中線と違ってお腹だけでなく胸やお尻、太ももなどあらゆるところに発生します。
また元通りになる正中線と違って、妊娠線は薄くなることはあれど、完全に消えることはありません。薄くするには、専用のクリームやオイルを塗ったり、手術を受けたりする必要があります。

正中線はいつ消える?

正中線は産後半年から1年ぐらいかけて徐々に目立たなくなっていきます。
ただしこれも個人差があるため、1年以上残る人もいます。
正中線を少しでも早く消したい人は専用のクリームを塗って保湿を心がけるようにしましょう。
肌を潤すことがメラニン色素を追い出すことにつながるからです。
予防も同じようにクリームやオイルを塗るのが効果的。
妊娠専用のボディクリームやオイルを使うことで、妊娠線、正中線のどちらも目立たなくするようにしましょう。
また十分な睡眠を取ることで肌の新陳代謝は促されます。産後は赤ちゃんの世話などで忙しく寝不足になりがちですが、たまには周囲の力を借りて、ゆっくり休むよう心がけてくださいね。

正中線で赤ちゃんの性別が分かるって本当?

読者の中には「正中線がはっきり出れば男の子、目立たなければ女の子」といった男女の見分け方を聞いたことがある人もいるかもしれません。
しかしこれは科学的根拠はなく、ただのジンクス。
あまり気にせず、話の種の一つぐらいに受け止めてくださいね。
妊娠中の正中線は気にしすぎないことが大事!

正中線は妊娠線と違って保湿しても予防することが難しく、産後時間がたてば自然と元通りになります。
初めて見る茶色い線にビックリする気持ちは分かりますが心配しすぎないで。
自分の美容も気になりますが、プレママの一番の仕事は元気な赤ちゃんを産むこと。
正中線のことは頭の隅に置いて、元気な赤ちゃんを産むためにできる限りのことをしてあげましょう。

ランキングをチェック

関連記事一覧